You are here

二之宮花

偶然に麻雀の存在を知った彼女はこの四角い雀卓上で相応の実力を発揮できさえすれば、みんながちゃんと自分を見てくれることに気づいた。
本人は気づいていないだろうが、普段の園芸部で草花の世話をしている時ははにかむような様子でも、麻雀に夢中になっている時は目に自信の輝きをきらめかせているため、まるで別人かのような様子に変貌する。

preferred items / bond items
19 emotes

二之宮花の物語

illustrations / tweet illustrations

voice

Displaying 1 - 21 of 21
Displaying 1 - 1 of 1
Displaying 1 - 1 of 1